自分の生理周期を把握しておけば脱毛サロンの予約がしやすくなります

脱毛とホルモンバランスはとても大きな関係性があり、生理中はホルモンバランスが乱れた状態になっていますので、生理だから絶対に脱毛ができないというわけではありませんが、生理中は脱毛ができないサロンが多いです。

もし生理中も可能なサロンであったとしても、生理中はホルモンバランスの乱れから、通常時よりもお肌がデリケートな状態になっていますので、その状態で脱毛を受けると、光脱毛の光に過剰反応を起こしてしまい、強い痛みを感じたり、炎症や湿疹、ひどい場合にはやけどになるなど、トラブルを起こす恐れがあることから、お肌への負担も考慮しますと、やはり生理日を外して、脱毛を受ける方が賢明でしょう。

生理中のVIO脱毛はどこのサロンでも不可とされていますが、VIO以外の部位は、施術可能なサロンと不可のサロンとに分かれます。

例えば“ミュゼ”や“銀座カラー”ではVIO以外は可能とされていますが“脱毛ラボ”では、生理日だけではなく生理前後3日間はすべての部位の脱毛が不可となっています。

では、予約日当日に生理になってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

生理は毎月くるものですし、脱毛日とずれてくれれば問題はありませんが、毎月同じ日にくるようなものではないですし、多少のずれもありますから自分の予測していた日と生理が来た日が異なってしまい、脱毛と生理が重なってしまうことも十分あり得ます。

VIOと他部位との脱毛を予約していた場合ですと、他部位のみ脱毛をしてもらってVIOは後日、ということも可能ですが、VIOのみの予約出会った場合は、キャンセルをせざるを得ません。

キャンセル料の扱いについては、サロンによってまちまちですので、当日キャンセル不可のサロンや、〇日前までならキャンセル料不要や、前日〇時以降はキャンセル料発生、などサロンによって異なります。

ですから、普段からきちんと自分の生理周期を把握しておき、生理の兆候がありそうな場合はできるだけ早くサロンにキャンセルの旨を連絡するようにしましょう。

万が一生理と重なってしまった場合でも、インターネットや電話ですぐに予約キャンセルや変更ができるサロンを選んでおきますと、もしもの時でも対応ができますのでおススメいたします。

通うことが苦にならない!公共交通機関で通えるサロンに行こう

今までは自分で脱毛処理を行っていた人でも、頻繁な処理に煩わしさを感じたり、万が一肌トラブルになってしまった場合のことを考え、脱毛サロンでの脱毛を希望する女性が年々増えてきています。

そこで重要なのが脱毛サロン選びです。

最近では脱毛ブームで町中のあちこちに脱毛サロンがありますし、テレビCMやインターネット広告でも脱毛の情報が溢れかえっていますから、どこを選べばいいのか、何を基準にして選べばいいのかがわからず、戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に直接光をあて黒いメラニンに反応をさせることで毛根を刺激し、脱毛をしていく方法です。

そしてできるだけお肌に負担がかからないように、低出力で長期間かけてゆっくりと脱毛をしていきますので、よほど毛の量が少ない場合を除き1度脱毛を受ければ効果が現れるというようなものではありません。

もちろん個人差はありますが、全身脱毛の場合ですと、毛がほとんど生えてこなくなりつるつるすべすべのお肌になるには平均的に12~18回は通わなければいけません。

光脱毛の光は成長期の毛にしか反応をしませんので、自分の毛周期に合わせて2~3か月に1度、期間にしますと2~3年は通う必要がありますので、ゴージャスだから、安いからなどと安易に契約をしてしまいますと始めはよくても、あまりに遠方すぎて通うのが面倒になってしまい途中で行かなくなってしまった、なんてことになりかねません。

せっかくお金を払って契約するのですから途中で辞めてしまってはとても勿体ないですよね。

そのようなことにならない為には、自分の生活圏内のサロンを選ぶことです。

例えば家の近くであったり、学校や勤務先から近いサロン、車で行った場合でも近くに駐車場があるサロン、電車やバスの際には駅から遠すぎないサロンを選ぶと無理なく通うことができるでしょう。

ですからサロンを選ぶ際に最も重要なことはまずは、自分が通える範囲であるのかどうか、それに加えサロンの雰囲気やスタッフの態度、自分の希望するコースがあるかどうかを考慮するようにしましょう。

長くおつきあいをすることになるサロンですから、複数のサロンの事前カウンセリングを受けるようにし、その中から自分の条件に一番合うところを選ぶといいでしょう。

同じ全身脱毛コースでも、サロン毎に値段差があるのはどうして?

今まではムダ毛の処理を自分で行っていたけれど、処理をしてもすぐにまた毛が生えてきてしまって頻繁な処理を行うのがとても煩わしい、自己処理を続けることで肌を傷つけてしまうのが不安、などの理由から、脱毛サロンでプロの脱毛を希望する女性がとても増えてきました。

ですから、町中のあちこちで脱毛サロンや美容クリニックを見かけるようになり、テレビCMやインターネット広告でも脱毛に関する情報が溢れかえっています。

やはり初めて脱毛サロンを訪れる際にいちばん目に留まるのが設定価格ではないかと思いますが、昔は高額なイメージがあった脱毛サロンですが最近では大半のサロンで安価なキャンペーンや特典を用意されていますから、とてもリーズナブルに脱毛ができるようになりました。

例えば、“ミュゼ”では両わき+Vラインの脱毛が破格の100円で受けることができますし、“TBC”では、両わきの脱毛が500円と、ワンコインで受けることがかのうです。

また全身脱毛の場合でも、“脱毛ラボ”では2980円から脱毛が可能となっておりとてもお安く設定されています。

しかし、価格はサロンによってまちまちですから、“安いサロンは効果があまりないのでは?”と思ってしまいますよね。

この、設定価格というのは一律料金のようなものはなく、サロン独自の判断で設定されているものですから、脱毛サロンで用いられている光脱毛の場合は効果にそれほど大きな差はなく、お肌に負担をかけないように低出力で長時間かけてゆっくりと脱毛をしていくのはどこのサロンでも同じですから、安価=効果がないということはありません。

一方、脱毛サロンで用いられている光脱毛と美容クリニックのレーザー脱毛を比べますと、原理は同じなのですが、レーザー脱毛は高出力で短期間で脱毛をおこないますので、即効性がありますが、脱毛サロンのような安価なキャンペーンなどは実施されていませんので、どうしても高価になってしまいます。

ですが、あくまで自己処理が楽になる程度の光脱毛に対し、永久的な脱毛を希望されている場合はレーザー脱毛の方が効果は高いです。

ですから、自分がどの程度の脱毛を希望しているかによって脱毛を受ける場所が異なってきますので、“こんなはずじゃなかったのに”と後悔しないように脱毛場所を選ぶようにしましょう。

ワキ毛は生えるくる理由⇒それはリンパ腺や血管を守るため

夏場は特に、キャミソールや半袖になる機会が増え、プールや海水浴など水着になるレジャーを楽しむ機会も多くなりますから、ムダ毛の処理は念入りに行っている方がとても多いですよね。

どれだけオシャレをしていたとしても、ムダ毛の処理がきちんとできていなければ見る側としても幻滅してしまいますし、自分としてもムダ毛のことばかりが気になってしまってネガティブな気持ちになってしまいます。

ムダ毛=不必要なものだと感じている女性が大半だと思いますが、その不必要にに感じてしまうムダ毛にはなにか役割があるのでしょうか。

そこで今回はわき毛の役割について述べてみたいと思います。

主な理由として1つめは“ワキの近くにあるリンパ腺や血管を守る”働きがあります。

ワキの付近には体の中で最も重要となる血管やリンパ腺がありますので、これらを守るためにわき毛が生えているのです。

2つめは“摩擦から皮膚を守るため”です。

服を着るとどうしても摩擦をおこしてしまいますよね。

ワキの皮膚は薄く、少しの刺激でも過剰に反応をしてしまいますから摩擦で擦れてしまうこともしばしばです。

わき毛は摩擦が原因で起こる炎症や湿疹など様々なトラブルからお肌を守ってくれているのです。

そして3つめは“フェロモンを溜める為”です。

これはあくまで言い伝えですが、異性を惹きつけるホルモンはワキから分泌されていると言われており、ワキの下にあるアポクリン腺という汗を出す線の1種から出る匂いをわき毛が発散してくれています。

この匂いこそが男女とも必要とされているフェロモンで、このフェロモンを出すことによって男性は男性らしく、女性は女性らしくなるのです。

これらの理由から、わき毛はちゃんと意味があって生えているということがよくわかりますよね。

では、わき毛を脱毛してしまったら役割がなくなるのか?と言いますと決してそのようなことはなく、脱毛をしたからフェロモンが出なくなるわけでも、役割がなくなってしまうこともありませんので、安心してワキ脱毛を行っていただいても問題ありませんよ。

キャンセル料やシェービング代等の追加料金はバカにならないです!

今まではムダ毛の処理を自分で行っていたけれど、処理をしてもすぐに生えてきてしまって頻繁な処理がとても煩わしい、うっかり手が滑りそうになってしまってケガをしそうになってひゃっとした、などの理由から脱毛サロンでプロの脱毛を受ける女性が年々増加しています。

しかし初めての脱毛サロンを訪れる際には、様々な不安があることだと思います。

特に、入会金の有無やコース料金以外にどんどん追加料金が発生するのではないか、キャンセル時の対応はどうすればいいかなど、お金に関する事項は特に皆さんが気になる点ではないでしょうか。

そこで今回は無駄な出費を防ぐ為に気をつけなければいけない事柄を述べていきたいと思います。

まず1つめは“ムダ毛の事前処理は必ず自分で行ってからサロンへ行こう”ということです。

基本的には契約コース料金以外の追加料金が発生することはありません。

もちろん毛の量や太さ等により金額が変動することもありませんので、サロンで設定されているコース料金さえ払えばいいわけです。

しかし、脱毛サロンで用いられている光脱毛は低出力で長期間かけてゆっくり脱毛を行っていく方法ですので、よほど毛が少ない場合を除き1度脱毛を受ければ終わりというようなものではなく、効果も回数を重ねるごとに徐々に表れてくるため、初めの間は特に、事前にムダ毛を自己処理してから行く必要があります。

“脱毛に行くのになぜ自己処理してから行かなければいけないの?”と思われがちなのですが、脱毛施術を受ける際にムダ毛がたくさんありますと、やけどなどのリスクがあることから、事前に処理をしていかなければいけないのです。

もし万が一この自己処理を忘れて脱毛を受けに行ってしまいますと、脱毛前に毛を剃らなければならずシェービング料金がかかってしまうことがあります。

ですから、サロンに行く際にはきちんと自己処理をしてから行くことを忘れてはならないのです。

次に2つめは“キャンセルをしないようにする”ことです。

病気など予期せぬ場合は仕方ないのですが、仕事や用事と重なってしまうなど予め予約日に行けないことがわかっている場合には、できるだけ早く、少なくとも予約日の3日前までにはキャンセルの旨を連絡するようにしましょう。

前日や当日に急なキャンセルをしてしまいますと、キャンセル料が発生してしまうサロンも多いですし、チケット制の場合ですと1回脱毛を受けた扱いいなってしまうこともあります。

これらの出費を防ぐためにも、自分で防げることは意識的に気を付けるようにしましょうね。


Fatal error: Call to undefined function the_posts_pagination() in /home/m050c222/public_html/r-shop.net/wp-content/themes/amalie-lite/index.php on line 44